シーズン17使用構築 シャワーズ軸最終2209

6世代最後のシーズンということで愛着のある構築を使いたいと思い、シャワーズを軸に組み直しました。 

f:id:wingpoke:20160917124404p:plain

【PT紹介】

f:id:wingpoke:20141114185941g:plain

シャワーズ@たべのこし (うるおいボディ)

穏やか 237-x-98-130-143-85

ねっとう/あまごい/ねがいごと/まもる

多くの特殊や数値受けに有利で簡単には崩されない構築の軸。メガリザードンYソーラービームや眼鏡ゲッコウガくさむすびに対してねがいごと+まもるで回復が間に合う程度の耐久がある。カバルドンのあくび展開やモロバレルの胞子展開に対するあまごいでの妨害、ねがいごとによるHP管理、雨ねっとうでの負荷など、このポケモン独自の性能を持っている。物理に関しては特化メガガルーラすてみタックルを耐える程度の耐久があり、ガルーラ対面ではまもるで型の確認をしてから居座りねがいごとが安定択となる場面が多かった。

 

f:id:wingpoke:20141114191018g:plain

ギルガルド@ふうせん

冷静 167-70-170-112-171-72(シールド時)

シャドーボール/めざめるパワー氷/キングシールド/かげうち

ガブリアスに後出しができて汎用性のある枠。構築にポリゴン2のような数値受けを入れない事でガブリアスに対して釣り行動をされずに受けることができる、誘って倒すの典型。

 

f:id:wingpoke:20160914193352g:plain

ドサイドン@ゴツゴツメット

腕白 221-169-192-x-75-60

じしん/れいとうパンチ/ばかぢから/ステルスロック

ひみつのちからガルーラや物理技のみのボーマンダに対して耐性を持つ。ばかぢからを採用することにより耐久に厚くないメガガルーラをゴツメダメージ2回(シャワーズに対するすてみタックルの反動ダメージ)と合わせて処理することができる。

 

f:id:wingpoke:20141114191418g:plain

フシギバナ@フシギバナイト 

図太い 187-x-171-144-149-109

ヘドロばくだん/めざめるパワー炎/やどりぎのタネ/こうごうせい

タイプ補完が優れていることから採用。サイクルミラーに強いが、上位構築にはあまり刺さらないため選出率は控えめ。

 

f:id:wingpoke:20150121200303g:plain

ヒートロトム@こだわりスカーフ

臆病 157-x-134-128-135-134

ボルトチェンジ/オーバーヒート/おにび/トリック

後手に回るとサイクル負けしそうな構築に対して上からおにびやトリックを打ち、受けを容易にする。定数ダメージやこだわりトリックはまもるやキングシールドと非常に相性が良く、詰ませとしても機能した。

 

f:id:wingpoke:20141114191801g:plain

ガブリアス@きあいのタスキ

陽気 183-182-116-x-105-169

げきりん/じしん/ステルスロック/つるぎのまい

崩しに対して対面的な処理ルートを確保するために採用。ステルスロックは主に重いウルガモス入りに対してサイクルを回すため、つるぎのまいは素眠りに追い込んだ瞑想系統への突破手段として採用した。

 

【選出と立ち回り】

個々に受けを前提とした役割がありそれに従った選出、立ち回りを行うが、ガルーラに対してはシャワーズのまもるねがいごと+ドサイドンヒートロトムのおにび+ギルガルドのように並びで対応するように心掛けた。サイクル構築の課題である選出択は、ヒートロトムから展開し、おにび等で役割関係をずらすことによってある程度抑制することができた。

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

7世代でもよろしくお願いします。